総量規制とは借り換えローンの説明書には、「総量規制(そうりょうきせい)」という言葉が必ず出てきます。平成22年の貸金業法改正によって、新たに誕生した法律です。具体的には、貸金業者からの借入金の合計が年収の3分の1以上の超える場合、新たにお金は借りることはできないということ。多重債務者の救済のニュアンスが強いので、借金が年収の3分の1を超えたからといって、すぐに返済しなければならないわけではありません。では、この「総量規制」と消費者金融による借り換えのためのローンはどのような関係があるのでしょうか?複数の消費者金融から借りたお金を1つにまとめる場合、総量規制という法律の例外になるからです。年収の3分の1超えたら、それ以上は借りられないという救済ルールが総量規制。そのため、返済専用ローンには影響しません。

「総量規制の例外」という漢字だけ見ると、融資される金額や金利の限度のないフリーパスのような印象すらあります。総量規制の例外というだけであって、他のローンと同様、審査や融資限度額もあります。例えば、「3社から300万借りているので、全部あなたの会社に借り替えたい」という希望が通るとは限りません。審査の結果、150万しかまとめられないと言われることもあります。その場合、まず3社のうち、2社の借金をまとめるという一部の借金を借り換えする方法がおすすめです。一部だけの借り換えであっても、現在の利率より下がる可能性があります。金利負担が減ってくるので、消費者金融でいくら借金を返しても元本が減らずに悩んできた人にはうってつけでしょう。