申込時のルールは、消費者金融各社によって若干違います。最初にフリーダイヤルに電話をかけないと受け付けて出できない会社もあれば、店頭に行かないといけないこともあります。店頭申し込みの場合、本人確認書類と、収入を証明する書類を忘れてしまうと二度手間になってしまうことも。各社のホームページで必要な書類が一覧になっているので、よく読んでおくことをおすすめします。年収を提示する必要があるので、給与明細は直近2ヶ月分を求められることがあります。ただし、小さな字で「賞与や地方税額の記載があると、1ヶ月分の給与明細でよい」などの情報が書かれていることもあります。電話申し込みの場合、担当者に書類についてきちんと確認してメモしておきましょう。

申し込みが終わると、審査が始まります。他の借り入れと同様、第三者機関である信用情報機関への照会が行われます。信用情報機関には、信用情報とはクレジットやローンなどの支払状況や残高などの情報が登録されています。もし、ご自身の信用情報を知りたいときは、各信用情報機関に郵送等で情報開示の手続きを取ることができます。次に、消費者金融による在籍確認が行われます。電話をかけて、記入した勤務先等に虚偽の申告がないか調べるためのものです。きちんと働いていることさえわかれば、簡単な質問で終わることが多いのが特徴です。在籍確認というと緊張するものですが、正直に答えることこそ受かるコツだといえます。