複数の消費者金融からの借金が膨らみ、月々の返済に苦しむ多重債務者が後を絶ちません。そこで、消費者金融各社は、「借りたお金の返済」に焦点を当てたプランに力を入れ始めました。これは、消費者金融でお金を借りすぎてしまった人のための返済専用のローンです。このようなローンでは、新たにお金を借りることはできません。しかし、目的を返済に絞ることで、金利や返済期間のバーが下がるのが特徴です。複数の支払日が一つにまとまるので、返済日がわかりやすいというメリットもあります。

しかし、各消費者金融が提供する借金をひとまとめにするタイプのローンは、わかりにくい一面も。消費者金融からお金を借りすぎてしまった人を助けていきましょう、という国全体の動きが起こったのが平成22年です。この年に貸金業法が改正されました。法改正の影響を受けているので、借り換えるためのローンは「総量規制」などの法律用語が出てきます。「総量規制」とは、漢字の字面だけでは意味が伝わりにくい言葉です。また、複数の消費者金融からの借金をまとめる金融商品は、総量規制の対象外です。「総量規制の対象外」という何でも許されるフリーパスのような印象を受けてしまうかもしれません。この記事では、わかりにくい「総量規制」についても触れていきます。

なお、この記事では、おまとめローンという言葉を極力使っていません。なぜなら、おまとめローンとは、ホッチキスと同じ性質の言葉だからです。本来、針で紙を止める文具はステープラーです。ホッチキス(ホチキス)は、アメリカのメーカー名(Hotchkiss)に由来します。おまとめローンも企業のサービス名が一般名称のように使われています。このような豆知識を提供することによって、スマホやパソコンで借り換えのためのローンに関する情報を集めやすくなるでしょう。
複数の消費者金融から借りたお金を初めてひとまとめにしたい人向けの情報を集めました。検索するときの探し方なども紹介するので、参考にしてください。